エアロハウスとは

 エアロハウスは新しく考案された構造の木造可変住宅です。エアロハウスの基本構造には航空機などに使われる頑丈なセミモノコック構造(エアロハウスTGはモノコック構造) を採用しており、その居住空間を自由な柱脚や基礎で地面と固定します。木造という良質な居住環境を持ちながら、広い無柱空間、大きな窓、耐震性、傾斜地への対応、ロングライフ住宅、セルフビルドも比較的容易などの優れた特徴があります。

エアロハウスの詳しい説明はこちら(エアロハウスHP)
https://www.aerohouse.net/what-is-aerohouse

自然災害に強い家

 近年、地震や台風などの自然災害が多く発生しており、 いままでずっと災害のなかった地域などにも多くの被害が発生しております。
住宅を建てる場合にも、居住空間の快適さやデザインだけでなく、自然災害への対策も考慮する必要があるかもしれません。
そのような中で、エアロハウスの移動も前提に考案された強固な構造や好きな基礎を選べるという特徴が、一般の工法に比較して自然災害に強い家としての特徴も兼ね備えているのではないかと思いその特徴をまとめました。

PAGE TOP
MENU